Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

暗黒大陸じゃがたら / 南蛮渡来

日本、いや世界最強!最恐!!最凶!!!直情型ファンク!?

暗黒大陸じゃがたら 南蛮渡来,
暗黒大陸じゃがたら,
1982
とにかくこれほどサウンドが生々しくて、リアルに感じるミュージシャンは世界中探してもそうはいない。特に日本人だからこそ、サウンドや詩をすべて味わい尽せるのは、ラッキーとしか言いようがない。現代のミュージシャンは上品過ぎて、悪魔に魂を売ったような作品を聞く機会はほとんどゼロなので、暗黒大陸じゃがたらの『南蛮渡来』の価値は、30年以上たって逆に増しているようにも思える。

サウンドはフェラ・クティ直系のようなアフロビートを柱として、パンク、ロック、ダブ、時にはポップスさえも一つの鍋にぶち込んで融合。フェラ・クティよりも都会に住んでいるだけあって、多様な音楽に触れているのは自然なこと。それを気負いなくミクスチャーできるところがじゃがたらの凄いところ。

そして歌詞。肉体的な単語を多用しながらも、おそらく意味するところは、ビートにも直結するような根源的な世界。シンプルな言葉とリズムの繰り返しによりトランス状態が高まっていく。

江戸アケミのライヴでの奇行がなくても、この作品の凄さは十分に伝わるはず。

Producer: 暗黒大陸じゃがたら
1982年





でも・デモ・DEMO - 暗黒大陸じゃがたら
関連アーティスト