Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Sun Ra / SLEEPING BEAUTY

銀河系神話科学太陽箱舟楽団の夢物語

サン・ラ Sleeping Beauty,
Sun Ra, 1979
サン・ラー史上最も美しく穏やかに狂う一枚。このプロジェクトの正式名称はSun Ra & His Intergalactic Myth Science Solar Arkestra。これを無理に訳せば『サン・ラーと銀河系神話科学太陽箱舟楽団』とでもなるのだろうか。日本語としては意味不明だが、なんとなくこのアルバムにはピッタリな気はする。

いつものようにサン・ラー流宇宙観が描かれているが、どこか銀河系の旅の途中に訪れた星で居眠りでもしているようなホッコリ感がある。A1 “Springtime Again”で眠りに落ち、A2 “Door of the Cosmos”ではその星の生物が築いた文化を見て歩き、ラストの“Sleeping Beauty”で、すべてはやはり夢であったと気づくという具合だ。

“Door of the Cosmos”は現代のスピリチュアル・ジャズ集団ビルド・アン・アークがカバーしている。(“Build An Ark”という名前は、きっと“Arkestra”から取ったのだろう。グループの組織形態といい、両者はそっくりだ)。

このアルバムを聞いて眠ってしまっても心配ない。寝ていようが起きていようが、要はトリップするのが目的だからだ。

1979年





Door of the Cosmos - Sun Ra
関連アーティスト