Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

New Birth / BLIND BABY

哀愁涙腺直撃系ファンク

New Birth Blind Baby,
New Birth, 1975
ブッダへ移籍し、これまでのサウンドの要だったHarvey Fuqua(ハーベイ・フークア)に代わってJames Baker(ジェームス・ベイカー)が初めて主導権を握って制作されたコンセプト・アルバム。

77年発表の“Behold The Mighty Army”でヴォーカリストとしての才能を一気に開花させたLeslie Wilson(レズリー・ウィルソン)も、その片鱗を十分に発揮しているが、本作に於いては、女性ヴォーカルのLondie Wiggins(ロンディー・ウィギンス)の歌う“Forever”や“Why Did I”が素晴らしい。彼ら唯一のR&Bチャート1位に輝いたミドル・バラード“Dream Merchant”も当然いい。と、書いてしまうと、このバンドに関するスローやミディアムばかりへの賞賛に加担してしまうが、New Birth(ニュー・バース)はホーンも揃えて10数人もいるファンク・バンド。生々しいベースで始まる“Blind Man”や“I Remember Well”のファンク・サイドもカッコいい。

ニュー・バースはどんな曲を演っても、なんだかウルウルくるが、特にファンク系で涙腺を直撃するバンドはニュー・バースぐらいしかいないかもしれない。

Producer: James Baker & Melvin Wilson
1975年





Dream Merchant - New Birth
関連アーティスト