Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Moses Sumney / AROMANTICISM

愛が欠落したラヴソング集

モーゼス・サムニー Aromanticism,
Moses Sumney, 2017
夢と現実の境界線を行き来しながら、愛を必要としない人の心を歌うモーゼス・サムニー。デビュー・アルバム『アロマンティシズム』のジャケット写真が示すように、彼が紡ぎ出す音は、常に地上数十センチのところを浮遊するように不安定である。

比較的シンプルな構成の中に、フォーク、ソウル、ジャズ、テクノ、ゴスペル、現代音楽等が複雑に絡み合う彼の音世界。よくジェイムス・ブレイクやソランジュが絶賛したことを、モーゼス・サムニーの売り文句にすることが多いが、確かにこの男女の音と重なる部分はかなり感じる。ジェイムス・ブレイクは進化する音にソウルを注ぎ込むことに集中し、ソランジュは現代を生きる黒人(女性)としての理想的な姿を描いているように感じるが、モーゼス・サムニーは、同様の手法を採用しながら、部外者にはフィクション小説のように感じる世界を、音楽の力で正直に表現しようとしている。

彼はインタビューで「燃えるような恋をした経験がない」と語っているが、時には孤独で、恋愛感情を必要としない人生が、これほどロマンティックに感じるというのも不思議でもある。そして、その感情をリスナーが擬似体験できるということは、モーゼス・サムニーが有能な芸術家である証明だといえるだろう。

『アロマンティシズム』がきっかけになり、音楽界にも新たな流れができそうだ。

ベースでサンダーキャットが参加。

Producer: Moses Sumney, Joshua Willing Halpern, Gueorgul Linev, Cam Obi, Matt Otto, Ludwig Göransson
2017年





Plastic - Moses Sumney
関連アーティスト