Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Japan / TIN DRUM

化粧の奥に秘められた極上オーガニックビート

錻力の太鼓 Tin Drum,
Japan, 1981
ビジュアル、サウンドともに、おそらく全ては模倣から始まったと思われるジャパンだが、最後のスタジオ録音アルバム“Tin Drum(邦題:錻力の太鼓)”では究極のオリジナリティを発揮した。ジャパン・サウンドの肝となっているのは、ドラムというより太鼓という表現の方がピッタリなスティーヴ・ジャンセンのドラミングと、その間を太い糸で縫うようにプレイするミック・カーンのグネグネフレットレスベース。音楽界広しといえども、この二人に匹敵するような個性を発揮したリズム隊は数少ない。あまりいい評価を聞いたことがないが、リチャード・バルビエリのツボを得たキーボードも非常に心地いい。そしてジャパンをジャパンたらしめるのはデヴィッド・シルヴィアンの退廃的なヴォーカルワークと比類なき音楽センスの良さだろう。

アルバムタイトルは作家ギュンダー・グラスの『ブリキの太鼓』の引用だと思うが、サウンドはジャケット写真のようになぜか中華風味。交流のあったイエロー・マジック・オーケストラの影響とも言われているが、不自然にならないのは、センスがいいからとしかいいようがない。類似品がないため、今聞いてもあまり古さを感じない。

このアルバムの制作前にギターのロブ・ディーンが抜けたことと、共同プロデュースにペンギン・カフェ・オーケストラでも活動していたスティーヴ・ナイを起用したことにより、ロック色が薄まり、逆に音楽的質が高まった。

いろんな偏見もありジャパンは一部の人のみに愛されていたが、ジャズやファンク目線でも十分評価に値する個性豊かなアーティスト集団だった。

Producer: Japan, Steve Nye
1981年





Visions of China - Japan
関連アーティスト