Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Jakob Bro / THE STARS ARE ALL NEW SONGS (VOL. 1)

弾かない選択をした星のように美しい音を奏でるギタリスト

ヤコブ・ブロ The Stars Are All
New Songs (Vol. 1),
Jakob Bro, 2008
どこまでも美しい音を追求するデンマーク生まれのギタリスト、ヤコブ・ブロ。本アルバム“The Stars Are All New Songs (Vol. 1)”では、Paul Motian(ポール・モチアン)のドラムがなければ、ジャズであることさえ意識させないような、禅的でボーダレスな音楽を聴かせてくれる。

全曲非常に穏やかなので、環境音楽かBGM的にも聞こえるが、どこかヒリヒリするような緊張感も覚える。ヤコブ・ブロはインタビューでコルトレーンのようにギターを奏でたいと語っており、確かに後期のコルトレーンと重なるイメージもある。

このアルバムでは、ヤコブ・ブロ以外に2人のギタリストが共演している。ほぼ全編参加しているのはBill Frisell(ビル・フリーゼル)、そして“Roconstructing a Dream”のみ参加しているがKurt Rosenwinkel(カート・ローゼンウィンケル)。ヤコブ・ブロだけでも十分個性的なのに、こんなに異端のプレイヤーを参加させるとは、相当自分の音世界に対して貪欲なのだろう。

現在はECMに移籍しており、さらなる音楽的高みを追求している。

Producer: Jakob Bro
2008年





Origin - Jakob Bro
関連アーティスト