Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Donna Summer / FOUR SEASONS OF LOVE

スペーシー・エロ・ディスコの女王

ドナ・サマー Four Seasons of Love,
Donna Summer, 1976
“Love to Love You Baby(邦題:愛の誘惑)”の成功により、スペーシー・エロ・ディスコ路線を確立したDonna Summer(ドナ・サマー)。この“Four Seasons of Love”は、その路線をさらに突き詰め、男女の情事を四季に例えたコンセプト・アルバムになっている。すべての曲はノンストップで続き、全曲完全にダンスフロア仕様。米国でリリースを担当したCasablance Records(カサブランカ)は、当時まだめずらしかったダンス専門レーベル(同時期にはKISSもいたが…)であり、同時代のSalsoul Records(サルソウル)とともに、ディスコ界をリードしていた。

初期のドナ・サマーといえば、Giorgio Moroder(ジョルジオ・モロダー)の存在を忘れてはいけない。Daft Punk(ダフト・パンク)の“Random Access Memories”で健在ぶりを示した派手なシンセ音はそれほどないが、少し聞けば、すぐにジョルジオ・モロダーだとわかるサウンドであり、彼のファンにも十分楽しめる内容だろう。それが顕著なのが1曲目の“Spring Affair”。ジョルジオ・モロダーとカサブランカ、ドナ・サマーの長所が混じり合った名曲。

ドナ・サマーはバラードでいい曲をたくさん書いているが、このアルバムで唯一ダンスサウンドではない“Winter Melody”も、ドナ・サマーらしさが出たいい曲。

Producer: Giorgio Moroder, Pete Bellotte
1976年





Spring Affair - Donna Summer
関連アーティスト