Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Theo Bleckmann and Ben Monder / NO BOAT

天空のヴォーカルとギターの共演

テオ・ブレックマン No Boat,
Theo Bleckmann and
Ben Monder, 1997
ドイツ生まれの異端ヴォーカリスト、テオ・ブレックマン。彼はいわゆる一般的なシンガーではなく、声を架空の楽器か神話上の生物のように操りながら、新たな表現を常に模索している。歌詞さえも必要としない場合が多い。

アヴァンギャルドでありながらも、ドイツでは元々アイスダンスの選手だったためか、テオ・ブレックマンの音楽は、どこか優雅でもある。舞台やパフォーマンス・アートの世界でも同時に活躍しており、彼の多様な音楽表現にも大きく影響しているように思われる。

『ノー・ボート』でテオ・ブレックマンと共演するのは、これまたジャズ・ギター界の奇才ベン・モンダー。彼はブレックマンとは対照的に生まれた時から音楽にどっぷり浸かった生活を送っており、理論としての音楽を身につけた根っからのミュージシャン。本アルバムでは、彼のどこまでも美しいギターの音が、宙を舞うようなブレックマンの歌声を見事に支えている。ちなみにデビッド・ボウイの遺作となった『★(ブラックスター)』でも彼はギターを弾いている。

アンビエントであり、オーガニックであり、スピリチュアルでもある、まさしくテオ・ブレックマンとベン・モンダーにしか創造できない天空音楽。

Producer: Ben Monder, Theo Bleckmann
1997年





Theo Bleckmann and Ben Monder
関連アーティスト