Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Janko Nilović / SOUL IMPRESSIONS

一人多文化主義の隠れた巨匠

ヤンコ ニロヴィッチ Soul Impressions,
Janko Nilović, 1975
モンテネグロの血を引く親のもと、トルコのイスタンブールで生まれたヤンコ・ニロヴィッチ。大人になってからはフランスに移住し市民権を取得。多様な文化で育った人生のように、彼は多様な音楽を聞き、多様な楽器を演奏した。プロになってからは頼まれればジャズ、クラシック、ロック、ファンク、ラテン、ポップスとなんでも作った。生活の基盤はテレビや映画向け音楽を作ることで稼ぐようになり、60〜70年代を代表するライブラリー・ミュージック界の大物になった。

業界内知名度は高くても表舞台の仕事ではないヤンコ・ニロヴィッチが注目されるようになったのはレア・グルーヴの影響。作品数は70年代を中心に多く、その中でもこの“Impressions”シリーズは彼の代表作の一つ。タイトルは『ソウル・インプレッションズ』だが、ソウルというわけではなく、どちらかというとファンキーでサイケなラウンジ・ミュージックといった印象。派手なホーン・セクションが入ったかなりハードな曲から、ロマンチックなニノ・ロータのような曲まである。

ヤンコ・ニロヴィッチは生涯で70枚近くのアルバムを発表しているが、彼自身この『ソウル・インプレッションズ』を最も好きな作品の一枚としてあげている。

1975年





Hippocampus - Janko Nilović
関連アーティスト